低コストで受動喫煙対策をしたいなら分煙機がお勧め

タバコの煙は喫煙者だけでなく、周囲にいる人々に受動喫煙による大きな健康被害を与えるので、大勢の人が集まるオフィスや飲食店には、しっかりと受動喫煙対策を行っておくことが大切です。

現在では多くの公共施設で完全禁煙が実施されており、完全分煙の喫煙室の設置なども行われています。
とはいえ、喫煙室の設置にはそれ相応の費用がかかるので、小規模のオフィスや公共施設などに設置するのは難しいというのが実情でしょう。



こうしたときには、分煙機を使用することで低コストで完全分煙を実現することも可能です。



分煙機とは、室内の空気を吸引するとともに、タバコの煙や臭いの原因物質を内部にあるフィルターで吸着して取り除いてくれる機器で、これを設置することで完全分煙の喫煙室をつくることができます。分煙機は上に灰皿などを置くことができるテーブルタイプやカウンタータイプが主流ですが、その他にも壁や天井に埋め込むタイプなど、用途や設置場所に応じて使い分けられる様々なタイプがあります。
ただし、分煙機には喫煙によって発生する一酸化炭素を取り除く機能はないので、窓や換気扇などの換気設備がある部屋に設置する必要があります。

このため、設置できる場所は窓際や換気扇のある部屋に限られてしまいますが、部屋の窓際の一角をパーティションで区切って簡易の喫煙室をつくるなど、アイディア次第で低コストで完全分煙を実現できます。なお、分煙機は主に製造メーカーが直接販売しており、設置についてのアドバイスなどにも電話やメールなどで応じてもらえるので、受動喫煙対策を検討中の方は気軽に相談してみましょう。

分煙について興味がある方にオススメのサイトです。