分煙機についての説明

現在喫煙対策が進み、禁煙環境が多くの場所で造られています。

その一環として活躍している機械が今回説明する分煙機です。
これは空気清浄機に分類される家電であり、名前の通り煙を煙を吸って脱臭も行い、空気を清浄にする機械です。


喫煙室には様々な種類があるのもあり分煙機には様々な種類があります。
まずテーブル・カウンター型、名前の通りテーブルと一体化している為に喫煙室に置きやすい形になっています。


次にウォール型、こちらは強制的に仕切りを作る物であり非喫煙者がいる場合でも対応出来るもので、外へ逃げていこうとする煙を気流制御によるプッシュ気流というもので煙を吸い取ります。

次に天井埋込型、こちらは名前の通り天井に埋め込むタイプで、分煙機を置くスペースが無くとも設置する事が出来ます。

こちらは機械が中央に取り付けられており、四方向から気流を発生する形で部屋全体の煙を吸い取り空気を清浄にします。



次にキッズタイプ、これは他のタイプに比べて小型で置きやすく、値段も比較的安価なものとなっていますので、家庭用としても扱いやすくオススメとも言えるタイプです。次に床置型、これは床に直接置くタイプですが薄く、高さがあるものとなっており上段から発生する気流で部屋全体を覆い部屋全体を清浄にしていきます。

業務用空気清浄機に関するお役立ち情報をご紹介しています。

そしてエアコンに取り付けるタイプ、こちらはその通りエアコンに取り付けることで分煙機としての機能が働きます。



この様に喫煙室の構成に合わせるように分煙機には様々な種類があり、様々な形で部屋を清浄にしているのです。